印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


update2017-09-12

善意銀行

 「善意銀行」は、地域住民の「世の中の役に立ちたい、困っている人を助けたい」という善意を生かすために地域住民の皆様からの現金、物品等の寄付をお預かりして、これを社会福祉施設・団体などに払い出し、地域福祉を高めていくための「橋渡し」をする仕組みです。
 事業の公正な運営を確保するため、運営委員会を設置しています。
 事業運営に必要な経費は、社協財源によって賄われています。



預託実績

 平28年度には、金銭預託が109件(675,167円)、物品預託が数件寄せられました。

undefined

洲本市社協キャラクター
みっくマン

↑↑クリック↑↑