印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


update2018-07-10

福祉学習(福祉教育)

 洲本市社会福祉協議会では、福祉学習支援事業(赤い羽根共同募金の配分金)を通じ、学校や企業等への福祉学習の推進や支援を実施し、以下の備品の貸出しや職員派遣、講師紹介等を行っています。
 福祉学習には、「いのちの大切さを実感する」「他者への思いやりの心を育む」「すべての人を排除しない社会を創る」等の目的があり、それらが人権教育や特別支援教育にもつながっていくとされています。
 企画段階から一緒に考えさせていただきますので、ぜひ社会福祉協議会をご活用下さい!!

※平成29年度には小学校13校、中学校1校、高校1校、企業等2か所で計41回の支援を実施させていただきました。




LinkIcon福祉学習チラシ



※上記ファイルをご覧いただくためには、AdobeAcrobat Readerが必要です
  下のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無料)

undefined

洲本市社協キャラクター
みっくマン

↑↑クリック↑↑