印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


update2017-09-12

日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

 「福祉サービスを利用したいけど、手続きの仕方が分からない!」
 「銀行に行ってお金を下ろしたいけど、自信がなくて誰かに相談したい!」
 「商品勧誘の人が来た時、どう対応して良いのか分からない!」
 毎日の暮らしの中でこのような不安や疑問、判断に迷うことはありませんか?
 日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)は、そんな時に福祉サービスの利用手続きや金銭管理などを相談しながら、あなたの暮らしの「あんしん」をお手伝いする制度です。

どんなことをしてくれるの?

 ・福祉サービスについての情報提供や助言
 ・福祉サービスに関する手続きのお手伝い
 ・毎日の生活に必要な預金の払い戻し
 ・福祉サービスの利用料、公共料金や家賃の支払い手続き
 ・行政などから来た郵便物を確認し、必要な手続きのお手伝い

どんな方が利用できるの?

 在宅で生活され、判断能力に不安のある高齢者や知的障がい者、精神障がい者などの方で、本人の利用意思が確認できる方。

費用はかかるの?

 相談や支援計画の作成は無料ですが、契約を結んでお手伝いが始まると1回500円の利用料がかかります。

 詳しくは・・・

 洲本市社会福祉協議会(☎0799-26-0022)まで、お気軽にお問合せください。

undefined

洲本市社協キャラクター
みっくマン

↑↑クリック↑↑